中古トラックの冷凍車のメーカー

中古トラックを購入するメリットはその価格の安さとすぐに利用ができるということです。もちろん新車の方がさまざまな保証が使えるメリットがありますが、やはり価格も高く納車までに時間が掛かります。このため中古を選ぶ人も多くいます。 一方でトラック単体であれば車体だけを見ていれば問題ありませんが、冷凍車のような特殊な装置を積んでいる場合にはその装置にも留意する必要があります。冷凍装置にはエンジンから直接動力を得るものとサブエンジンから動力を得るものがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。またメーカーによっても得手不得手があり、適した方式のものを選ぶことが中古で購入したさいのトラブルを避けるためには大切です。特に冷凍をしなければならない商品を運ぶさいには冷凍機能の低下は大きな問題になります。

中古トラックを購入する注意点は

トラックは仕事で使われる車であるため酷使されます。そのため頑丈に作られており乗用車の10倍以上の走行も可能です。このため中古も購入時の選択肢になります。しかし、中古で購入するさいにはメリットとデメリットがあります。 メリットは価格が安いことや現物売り切りですからすぐに使用することができます。一方でデメリットはその状態です。特に日頃のメンテナンスが行われているトラックは中古でも状態が良いのですが、そうではない場合には状態が悪いものも存在します。このため購入するのであれば信頼できる販売店であることが重要です。特に個人売買はリスクが高いといえます。 また可能であれば将来的なメンテナンスも行ってくれる業者を選ぶ方が安心して利用することができますしトラブルを防ぐことができます。

中古冷凍車を選ぶさいのポイントは

トラックといってもさまざまな種類がありますが、そのひとつが冷凍車です。仕組みとしては荷室に冷凍装置を取り付けたものであり厳重な温度管理が必要な荷物を運ぶのに使われています。 中古で購入するさいにはトラックの車体のほか冷凍装置の状態も重要です。トラックは大手のメーカーがほとんどで、名の聞いたことのあるところばかりですが、冷凍装置は今ひとつ聞き覚えのないものが多いためです。 知られるメーカーとしては、トプレック、菱重コールドチェーン、デンソー、サーモキングなどです。これらのメーカーは日本で多くのシェアを持っているので安心です。また冷凍装置の種類としてはコンプレッサーを動かす必要があります。このさいの動力にサブエンジンを使うかエンジンに直結するかの方法があります。エンジンに直結すると大きなパワーを得られますがエンジントラブルに見舞われると冷凍機能も失われます。一方でサブエンジンではメインエンジンが停止中でも冷凍機能が失われないメリットがあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加